TOPページへ
トップ 事務所案内 事業内容 お役立ち情報 お問合せ




若手人材の採用・定着を行うと最大60万円を助成!

現在、新卒採用は売り手市場であり、学生が企業を選べる状況が続いていると言われています。 しかし、現実には4月入社を見込んだ採用が大半を占め、卒業を控えながらさまざまな理由で就職の機会を逸してしまった学生(既卒者)や、採用の機会が低い高校の中退者なども存在し、彼らに向けた採用が普及していません。

今回は、こういった方々にも採用枠の拡大を図り、優秀な人材の発掘につなげることができる助成金をご紹介します。

『特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)』

学校等の既卒者や中退者の応募機会の拡大および採用・定着を図ることを目的としたもので、既卒者等が応募可能な新卒求人の申込みまたは募集を行い、既卒者等を新規学卒枠で初めて採用後、一定期間定着させた事業主に対して支給されるものです。 平成31年3月31日までに募集等を行い、平成31年4月30日までに対象者を雇い入れた場合に支給対象となります。

【支給の種類と要件】

・既卒者等コース
(1)既卒者・中退者が応募可能な新卒求人(※1)の申込みまたは募集(少なくとも卒業または中退後3年以内の者が応募可であることが必要です)を行い、当該求人・募集に応募した既卒者・中退者を通常の労働者(※2)として雇用したこと
(2)これまで既卒者等を新卒枠で雇い入れたことがないこと

・高校中退者コース
(1)高校中退者が応募可能な高卒求人の申込みまたは募集(少なくとも中退後3年以内の者が応募可であることが必要です)を行い、当該求人・募集に応募した高校中退者を通常の労働者として雇用したこと
(2)これまで高校中退者を高卒枠で雇い入れたことがないこと

※1 小学校および幼稚園を除く学校等を、卒業または修了することが見込まれる者(学校卒業見込者等)であることを条件とした求人をいいます。なお、高校中退者が応募可能な高卒求人は除きます。
※2 直接雇用であり、期間の定めがなく、社内の他の雇用形態の労働者(役員を除く)に比べて高い責任を負いながら業務に従事する労働者(いわゆる正社員)をいいます。

【対象となる労働者】

本助成金における対象労働者は、次の学校等を卒業または中退した者で、これまで通常の労働者として同一の事業者に引き続き12カ月以上雇用されたことがない者となります。
(1)学校(小学校・幼稚園を除く)、専修学校、各種学校、外国の教育施設の卒業者、または中退者
(2)公共職業能力開発施設(職業能力開発促進センターを除く)や職業能力開発総合大学校の職業訓練の修了者または中退者

【対象となる事業主】

(1)雇用保険適用事業所であること
(2)対象労働者に対し、職場定着支援計画を作成し、受給資格の認定を受けること
(3)計画期間内に職場定着に係る措置に取り組んでいること
(4)職場定着に係る措置の開始日の前日から起算して6カ月前の日から1年を経過する日までの間(以下、「基準期間」という)に、一般被保険者等を事業主都合によって解雇(勧奨退職を含む)していないこと
(5)基準期間において、会社都合による退職者が、当該職場定着に係る措置の開始日における一般被保険者等の6%を超えて、かつ4人以上離職させていないこと
(6)対象労働者を職場定着支援計画の期間を超えて雇用し、かつ、継続して雇用することが確実であると認められること
(7)以下の書類を整備・保管し必要に応じて提出できること
・出勤簿等
・賃金台帳等
・離職した労働者の離職理由等が明らかにされた労働者名簿等

【支給額】

本助成金は、対象労働者の雇い入れ日から起算した『定着期間』に応じ、各コース1名を上限として、下記の額が支給されます。

既卒者等コース
1年定着後…50万円
2年定着後…10万円
3年定着後…10万円

高校中退者コース
1年定着後…60万円
2年定着後…10万円
3年定着後…10万円

人材不足が会社の課題となっている場合、このような助成金は、就業経験は少なくても将来有望な若手社員を確保するために、ぜひ活用したいものです。 なお、ご紹介した以外にも細かく要件が定められていますので、検討される方は専門家にお問い合わせ下さい。

本社機狽フ地方移転で受けられる税金の優遇措置

大都市圏から地方へ本社機狽移転すると、税金の優遇措置が受けられる制度『地方拠点強化税制』をご存知でしょうか?

この制度は、大企業のほとんどが首都圏に集中している状態を是正し、地方の雇用を促進することを目的として創設されました。
これに伴い、各地方自治体は優良企業を県内に誘致する取り組みを実施。
移転企業に対し、法人事業税の減額などを提示しています。

今回は、全国で初めて法人県民税の優遇措置を実施する新潟県の例を中心に、そのメリットを紹介していきます。

新潟県が行う法人県民税の優遇制度

新潟県は、2018年6月の県議会で『新潟県産業拠点強化条例』を改正し、企業の本社機狽フ移転や拡充による県税の優遇制度を設けることを決定。
県は、法人県民税を優遇することで、移転企業の事業展開を後押しすると同時に、雇用の充実を目指していきます。

移転を考えている企業は、移転前に『地方活力向上地域等特定業務施設整備計画』を作成し、2020年3月31日までに県知事に認定してもらう必要があります。
認定には下記の条件があり、これらを満たして認定され、初めて優遇措置が受けられます。

1.本社機狽竅Aそれに値する研究所や工場、研修所などの施設を、新潟県の『地域再生計画』に記載された区域内に新設、または増設すること(設備投資額3,800万円以上<中小企業1,900万円以上>)

2.本社機狽フ移転において、従業員を5人以上、中小企業では2人以上を増加すること

3.事業計画が新潟県の計画の期間内であること(2022年3月31日まで)

さらに、この制度は『移転型事業』と『拡充型事業』で、優遇措置の内容が変わってきます。
まず、『移転型事業』と認定されるためには、以下のうちどちらかを満たす必要があります。

・東京23区内にある企業で、計画期間中に増加した従業員の過半数が東京23区からの転勤者だった場合

・東京23区内にある企業で、移転初年度に増加した従業員の過半数が東京23区からの転勤者で、さらに計画期間中に増加した従業員の1/4以上が東京23区からの転勤者だった場合

『移転型事業』の条件を満たさない場合、『拡充型事業』となります。東京23区外、もしくは新潟県以外から移転してきた企業です。

この2種類のうち、より優遇される方は『移転型事業』です。
例えば、県税の不動産取得税に関しては、『拡充型事業』の税率が1/10になるのに対し、『移転型事業』は全額が免除となります。
事業税も同様で、『拡充型事業』が3年間の税率が1/2になるのに対し、『移転型事業』は3年間全額免除になります。
ただし、法人県民税はどちらも同じ優遇措置で、資本金が1億円以上、または法人税額が1千万円以上の企業に限り『移転型事業』も『拡充型事業』も、どちらも3年間の税率が1/2になります。

他の都道府県による税の優遇制度の現状は?

オフィス減税や雇用促進税制などの法人税減税の恩恵も受けられるこの優遇制度ですが、他の県でも同様の取り組みが始まっています。

長野県では、移転企業に対し、法人事業税を3年間、95%まで軽減。富山県・石川県では90%、群馬県・香川県では初年度は50%、2年目に25%、3年目で12.5%の軽減措置を行うとしています。
長野県では、さらに本社機狽フ県外からの移転に対し、最大で820万円を助成する『本社等移転促進助成金』を創設。

これには、県内への本社機狽フ誘致をより強力に推進するという目的があります。
税制の面では大きなメリットのある地方への本社機狽フ移転ですが、ハードルが高いのも事実です。
専門家に相談の上、最終的に企業の成長が見込めるような判断をしたいものです。

2018年12月の税務

11月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額・納期の特例を受けている者の住民税の特別徴収額(当年6月〜11月分)の納付
納付期限…12月10日

10月決算法人の確定錐吹ヶ@人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
錐衰限…1月4日

1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定錐吹ワチ費税・地方消費税>
錐衰限…1月4日

法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定錐吹ワチ費税・地方消費税>
錐衰限…1月4日

4月決算法人の中間錐吹ヶ@人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
錐衰限…1月4日

消費税の年税額が400万円超の1月、4月、7月決算法人の3月ごとの中間錐吹ワチ費税・地方消費税>
錐衰限…1月4日

消費税の年税額が4,800万円超の9月、10月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間錐?8月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>
錐衰限…1月4日

給与所得の年末調整

給与所得者の保険料控除錐随早E住宅借入金等特別控除錐随曹フ提出

固定資産税(都市計画税)の第3期分の納付

12月 - december 2018

1日[土] 先負
2日[日] 仏滅
3日[月] 大安
4日[火] 赤口
5日[水] 先勝
6日[木] 友引
7日[金] 大安
8日[土] 赤口
9日[日] 先勝
10日[月] 友引
11日[火] 先負
12日[水] 仏滅
13日[木] 大安
14日[金] 赤口
15日[土] 先勝
16日[日] 友引
17日[月] 先負
18日[火] 仏滅
19日[水] 大安
20日[木] 赤口
21日[金] 先勝
22日[土] 友引
23日[日] 先負
24日[月] 仏滅
25日[火] 大安
26日[水] 赤口
27日[木] 先勝
28日[金] 友引
29日[土] 先負
30日[日] 仏滅
31日[月] 大安
【師走(しわす)】
  ●誕生石:ターコイズ,タンザナイト,ラピスラズリ