TOPページへ
トップ 事務所案内 事業内容 お役立ち情報 お問合せ




試用期間満了時の本採用拒否は解雇扱いに!?

従業員を雇用する際に『試用期間』を設けている企業は多いと思います。しかし、試用期間中に雇用した労働者の業務適性がないことなどが判明した場合、試用期間満了と同時に本採用拒否をしても大丈夫なのでしょうか?

今回は、この点についての判例を、事案や判旨を簡略化して説明します。

代蕪Iな判例

【最大判昭和48.12.12/「三菱樹脂事件」】

・事案の概要

Xは、Y社に3か月間を試用期間として採用され勤務していたが、試用期間満了前に、採用時には秘匿していた学生運動歴が発覚。Y社は、これを受けてXに対し試用期間満了直前、口頭にて本採用しない旨の通知をした。
Y社の就業規則によれば、試用期間は3か月以内とされ、本人の素行や勤怠等について審査の上、本採用の可否または期間の延長を決定すると規定されていた。
また、Y社は在学時に学生運動の経験がある者は採用しないとの方針を採っており、Xは採用時、学生運動歴を隠していた。

・判旨の概要

1.試用期間の性質
試用期間の性質は、就業規則の規定の文言のみならず、当該企業内の実情、事実上の慣行のいかんをも重視すべきである。
しかし、就業規則上の規定、本採用拒否の事例の有無、本採用手続の慣行など本件の事情からすると、Xに対する本採用拒否は、留保解約権の行使、すなわち、雇入れ後における解雇にあたり、通常の雇入れの拒否の場合と同視することはできない。

2.解雇規制の程度
本件の留保解約権は、管理職要員としての適格の判断資料を助ェに収集するためのものと解され、今日における雇用実情にかんがみると、このような留保は合理的なものとしてその効力を肯定できる。そのため、留保解約権に基づく解雇は、これを通常の解雇と全く同一に論じることはできず、通常の解雇より広く解雇の自由が認められる。
しかし、法が解雇権を制限している趣旨や労働者に対する企業の優越的地位、労働者の他企業就職可柏ォがほとんどないことを踏まえると、客観的かつ合理的理由があり、社会通念上相当、換言すれば採用決定後に当初知ることができないような事実が判明し、これに照らしてその者を引き続き雇用しておくのが適当でないと客観的にいえる場合に限られる。
Xの秘匿等の動機、理由等に関する事実関係に照らし、これらの人物評価への影響等を検討し、採否決定につき有する意義と重要性を勘案し、これらを総合して合理的理由の有無を判断せねばならない。

まとめ

この判例が示すように、試用期間満了時の本採用拒否は、既に採用後であり労働契約が締結されていることから、単なる採用拒否ではなく解雇という扱いになります。
そして、解雇である以上、そう簡単には有効にならないわけです。

もっとも、労働者が管理職候補であったこと及び当時は終身雇用が主であったことを理由として、試用期間満了時の解約権行使が広く認められるとされており、実態に即した判断がされていることが読み取れます。つまり、事案によりますが、試用期間経過後の解雇に比べれば、やや緩やかに解雇が認められるということです。

具体的には、採用時に知ることができない事実が新たに判明し、客観的にみてそのまま雇用しておくべきでないといえる場合であれば本採用拒否が有効となります。

有効か無効かは正社員としての雇用であるか否かということや業務内容、企業風土との関係、採用後に発覚した事項の種類や内容等を総合して判断されます。

この判断には相場観や具体的事案の客観的分析が不可欠ですので、本採用を拒否するかどうかについては、事前に専門家の意見を聞いてから、慎重に判断してください。

知らないと損!? 納税はクレジットカードが便利でお得

会社や個人事業主が納税する場合、指定した金融機関の預貯金口座から振替納税を行ったり、もしくは現金に納付書を添えて金融機関や所轄税務署などで支払ったりするのが一般的です。
しかし、それ以外に、時間的な制約がなく手元に現金がなくても納税できる『クレジットカード納付』も広まってきています。
これまでは自動車税や固定資産税など一部の税金に限られていましたが、2017年1月からは、法人税や相続税をはじめ、ほとんどの税金がクレジットカードで納税できるようになりました。

今回は、クレジットカードを使った納税のメリットをご紹介します。

クレジットカード納付とは?

クレジットカード納付とは、納税者が国税庁長官の指定した納付受託者であるトヨタファイナンス株式会社に立替払いを委託する納税方法のことです。

手続きは簡単で、『国税クレジットカードお支払サイト』に氏名や住所などの納付情報や納付税目、クレジットカード情報などを記入するだけで、納税したことになります。
情報を受け取ったトヨタファイナンスは、納税額を国税庁に収め、さらに納税者の契約しているクレジット会社経由で、立替額(+手数料)を納税者に請求するという仕組みです。

このクレジットカード納付は、VisaやMasterCard、JCBなど、多くの種類のカードで支払いができます。しかし、あくまでWEBのみの手続きなので、金融機関やコンビニなどでクレジットカードを使用して納税することはできません。

また、一時的に納税者の税金をトヨタファイナンスが立替えるため、額に応じた手数料もかかってきます。最初の1万円までは76円(消費税別)、それ以降は1万円増えるごとに76円(消費税別)ずつ加算されていきます。
例えば、50万円の法人税をクレジットカードで納税する場合、消費税込みで、4,104円の手数料がかかってしまいます。

しかし、これらのデメリットを差し引いても、クレジットカードによる納税には大きなメリットがあります。

クレジットカードによる納税のメリットとは?

<メリット1>すぐに現金を用意できなくてもOK

入金の目処はついているが、取り急ぎ納税するための現金が手元にないときなどは、このクレジットカードでの納税が非常に役に立ちます。

ひとまずクレジットカードによる納税の手続きを済ませ、引き落とし日までに納税額分の現金を引き落とし用の口座に用意しておけば問題ありません。
通常、クレジットカードの引き落としは、決済の2ヶ月後なので、2ヶ月間の支払猶翌得ることができるというわけです。

また、たとえクレジットカード用の口座残高がなく、納税額が引き落とされなかったとしても、税金の延滞になることはありません。
手続き時点ですでに払ったものとされ、税務署からの催促が来ることもありません。
ただし、税金の延滞にはなりませんが、クレジットカードの延滞にはなります。クレジットカードの支払いを延滞してしまうと、クレジットカードの信用情報にも傷がつくので、口座残高はしっかりと確認しておきましょう。

<メリット2>時間と場所を選ばない

もう一つのメリットとして、24時間いつでもどこでも納税できることが挙げられます。
金融機関や税務署などは営業時間が決まっていますし、24時間営業のコンビニでの支払いも、わざわざコンビニまで出向かなければいけません。

クレジットカードによる納税であれば、24時間いつでも税金の納付を行うことができます。またスマホにも対応しているので、家ではもちろん、出張先や旅先など、場所を問わずに納税できるのも大きな魅力です。

<メリット3>分割払いやリボ払いにも対応

さらに、分割払いやリボ払いにすることができるというメリットもあります。
納税額がかさんでしまって、事業資金を圧迫してしまっては意味がありません。

多くのクレジットカードには、分割払いやリボ払いなどの機狽ェ備わっているので、一括払いが厳しければ、分割やリボ払いで支払っていくという方法もあります。

また、クレジットカードにはポイントが付くものも多く、手数料を差し引いてもポイントで得をする場合もあります。

クレジットカードによる納税は、上限が1,000万円と定められており、クレジットカードの利用可矧zが納税額よりも低い場合は、当然利用することができません。ただし、納付手続を複数回行うことで、1,000万円以上の納付は可狽ナす。

地方税については、まだクレジットカード納付に対応していない自治体が多く、対応する税目や手数料も自治体ごとに異なります。
地方税のクレジットカード納税を希望する場合は、事前にご自身のお住まい地域が対応しているかどうか、確認をするのがよいでしょう。

便利で手間もかからず、さらに支払猶翌ェ得られるクレジットカード納付は事業者にとって大きなメリットになります。一度、試してみてはいかがでしょうか。

2018年9月の税務

8月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付
納付期限…9月10日

7月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人事業所税)・法人住民税>
申告期限…10月1日

1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
申告期限…10月1日

法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税>
申告期限…10月1日

1月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住民税>(半期分)
申告期限…10月1日

消費税の年税額が400万円超の1月、4月、10月決算法人の3月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
申告期限…10月1日

消費税の年税額が4,800万円超の6月、7月決算法人を除く法人・個人事業者の1月ごとの中間申告(5月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>
申告期限…10月1日

9月 - september 2018

1日[土] 仏滅
2日[日] 大安
3日[月] 赤口
4日[火] 先勝
5日[水] 友引
6日[木] 先負
7日[金] 仏滅
8日[土] 大安
9日[日] 赤口
10日[月] 友引
11日[火] 先負
12日[水] 仏滅
13日[木] 大安
14日[金] 赤口
15日[土] 先勝
16日[日] 友引
17日[月] 先負
18日[火] 仏滅
19日[水] 大安
20日[木] 赤口
21日[金] 先勝
22日[土] 友引
23日[日] 先負
24日[月] 仏滅
25日[火] 大安
26日[水] 赤口
27日[木] 先勝
28日[金] 友引
29日[土] 先負
30日[日] 仏滅
【長月(ながつき)】
  ●誕生石:サファイア,アイオライト